ステンレスセミオーダー&フルオーダーワークトップカウンター

ステンレス ワークトップ カウンターはSH・TYシリーズシンクを使用し一定の製作条件での「セミオーダー」と取扱い全シンク及び手板金製作シンクを使用し様々な形状に対応する「フルオーダー」でお応えします。

ステンレス カウンター :セミオーダー

ステンレス セミオーダー カウンター

ステンレス カウンター とシンク、裏打ち合板加工などを同一工場で行うことで配送料共にコストダウンを可能にした ワークトップ です。調理台などカウンターのみの製作も承ります。

対応シンクシリーズ:SHシリーズ TYシリーズ
仕様・仕上: ステンレス SUS304 ヘアーライン・バイブレーション T=1.0~1.2mm エンボス※1 T=0.7~0.8mm
※1:エンボスは奥行650mmまでとなります。
標準納期 SHシリーズ:2~3週間 TYシリーズ:3~4週間

ステンレス ワークトップ カウンター 「セミオーダー対応」シンクシリーズ

ステンレスワークトップのセミオーダー対応シンクシリーズです。製作納期はSHシリーズが約2週間~TYシリーズが約3週間~です。コスパ的にもオススメはSHシリーズです。コーナーRの小さい手板金シンク等一部セミオーダー非対応シンク(800BK・SSZ-102・SSW-102・SSJ-102)があります。

ステンレスの仕上

 ステンレス ワークトップ カウンター の仕上はヘアーライン バイブレーション エンボス(銀河)OP:市松(エンボスはセミオーダーのみ対応可)

ヘアーライン

バイブレーション

エンボス

各部の納まり

セミオーダー ワークトップ カウンター でも様々なデザインに対応できる様、工場共ども研鑽してまいります。カウンターやバックガード高さなどガイドライン外の場合ご要望をお聞かせください。

 セミオーダー ステンレス カウンター はお使いいただくシンク品番や カウンター の厚さ(H)寸法などで加工寸法に制限が出る場合があります。設計製作ガイドラインをご覧の上 カウンター デザインの参考してください。

カウンター+シンク シーム溶接部

ステンレス カウンター とシンクはシーム溶接の後、研磨仕上げされ一体成型されます。画像は カウンター がヘアーラインでシンクはBA(プレス加工仕上)なっています。継ぎ目などは入りません(たまにお問合せ頂くもので念のため^^)

前垂水返し部 形状タイプ

シンプルな角型やアール型があります。天端がフラットや3mm水返しリブ加工をする事もできます。

前垂:角型

前垂水返し部:角型
ステンレスセミオーダーカウンター水返し:角型

前垂:1/4R型

前垂水返し部:1/4R
ステンレスセミオーダーカウンター水返し:1/4R形

前垂:1/2R型

前垂水返し部:1/2R
ステンレスセミオーダーカウンター水返し:1/2R形

カウンター突付け部

大型 カウンター などの場合、どうしても一体加工できない場合、ジョイント部が問題ですね。セミオーダー カウンター は折下げが必要で約2R+程度の突付けとなります。切り放しのご要望もありますが撓みなど浪打の可能性が高く残念ながらセミオーダーではお受けできません。 ワークトップ カウンター の高さを変えるなどの設計もご検討ください。

裏打ち合板貼について

 SHセミオーダーステンレスカウンターの裏打ち合板は標準18mmベタ張りとしています。断面写真は18mmが2枚張られていますが、下側の桟木合板は現場で取付ける事で、15mm合板桟木パッキンにしたりカウンターのレベル調整も可能になります。また、キャビネットなど下台との取合いによる調整もしやすくなります。更に重量が軽減され配送費が抑えられるのもメリットです。18mm2枚貼りにする必要はほとんどの場合ありません。※この画像は前垂れ部まで合板を差し込んでいますが接着処理がうまくできない場合がありますので、合板の貼範囲はカウンター形状により工場判断で行っています。

ワークトップカウンターの各部名称・寸法

ワークトップカウンターの名称・寸法

各部名称と寸法

  • A:バックガード高さ=50mm (有り・無し指定可)
  • B:コンロ脇寸法=任意(消防法にご注意ください)
  • C:コンロ前寸法=任意(標準60mm)コンロ仕様書をご確認ください。
  • D:シンク脇寸法=任意(最低45mm以上)
  • E:シンク前寸法=任意(約50~70mm)
  • H:前垂れ高さ=11~40mm(40mm以上はご相談下さい)

標準仕様

  • SUS304 t=1.0mm 仕上:ヘアーラインまたはエンボス
  • シンク位置左右指定可(イラストは左シンク)シンク:静音処理済
  • 木口ステンレス折下げ化粧
  • 水栓穴あけ:1箇所

オプション

  • 仕上:バイブレーション
  • 柱欠き・壁欠き・コンロ以外の穴開け

 

対応オプション加工

ステンレスセミオーダーカウンターでも様々なオプション加工に対応しています。詳細は設計製作ガイドラインをご確認ください。

壁欠き加工

ステンレスセミオーダーカウンター:壁欠き加工

壁欠き加工は対面型キッチンのコンロ前の壁などが有る場合などに対応します。

柱欠き加工

ステンレスセミオーダーカウンター:柱欠き加工

柱欠き加工はカウンター壁に柱など凸部がある場合に対応します。

サイドガード加工

ステンレスセミオーダーカウンター:サイドガード加工

サイドガードはカウンター側面の水かかり等を避けたい場合に対応します。

水返し加工

ステンレスセミオーダーカウンター:水返し加工

水返しはカウンター前垂部より水滴が垂れないための加工です。

全周水返し加工

ステンレスセミオーダーカウンター:全周水返し加工

全周水返しは前垂れ部だけでなく4周に水返し加工を行う加工です。

穴あけ加工

ステンレスセミオーダーカウンター:穴あけ加工

穴あけ加工は水栓穴に限らずダスト投入口など指定サイズの穴あけ加工です。

シンクまわり3mm水返し加工

ステンレスセミオーダーカウンター:シンク廻り3mm水返し加工

少し変わった例ですがシンクのまわりに3mmの水返し加工が可能です。対応可能なカウンターサイズは間口3600mm奥行き750mmまでですが図の様にカウンター渕からシンク縁まで最大2630mmまでとなります。全周3mm水返しの応用例です。対応シンクはSHシリーズのみです。

シンクに合せた奥行寸法指定OK

水返し奥行D:500mm・540mm・590mmの3種類です。シンクに合せてご指定いただけます。W寸法をご指定下さい。

シンクまわり15mm深絞り加工

シンク廻り15mm深絞り加工

シンクのまわりに15mmのプレス加工で段(深絞り)加工を行います。水仕舞を良くするための加工です。金型による加工になりますのでサイズは間口:W710・810・1000mm 奥行:D500mmの3種類となります。

深絞り対応シンク

  • W710用シンク:650G
  • W810用シンク:750G・750A
  • W1000用シンク:930Z・950A・310G+550Gのダブルシンク

タイプ別の注意点


 

TYPE:I型・Ⅱ型

スタンダードなⅠ型 ワークトップ  カウンター は特に大きな注意点はありません。最大間口寸法が3メートルを超える場合、配送費がシリーズにより異なります。3メートルを超える場合チャーター便となる場合があります。SHシリーズ配送費は工場配送契約によりお安くなっています。

TYPE:L型

L型 ワークトップ カウンター の場合、2分割か一体かがポイントとなります。溶接一体のご要望も結構多いのですが、配送費や搬入経路に注意が必要です。コンパクトなL型 カウンター 以外一体製作はほとんどの場合チャーター便での配送となります。(配送場所やサイズにより異なりますが約4~10万円程度とお考え下さい。)

TYPE:U型

U型 ワークトップ カウンター はほとんど3分割や2分割となる場合が多くなります。分割納品の場合は路線便が可能で配送費は抑えられます。

シリーズ Ⅰ型・Ⅱ型 L型 U型
SHシリーズ ○(※1) △(※1)
TYシリーズ ○(※2) △(※2)

(※1) 奥行寸法が異なり、その差が50mmを超える場合一体製作はできません。
(※2)形状により工場都度確認となります。
(※3)分割製作はできません。溶接一体のみとなります。

仕上げの注意点

ステンレスワークトップの仕上げは主に「ヘアーライン」「バイブレーション」「エンボス」の3種類となります。「ヘアーライン」「バイブレーション」は様々なサイズに対応可能です。しかし、エンボスの場合、板材幅が約700mmとなりますので、奥行は600mmか650mmとなります(折り返しやバックガード寸法によります)のでご注意ください。

シリーズ ヘアーライン バイブレーション エンボス
SHシリーズ ○(※4)
TYシリーズ ×

(※4) ロール(銀河)エンボス・市松エンボス

サイズの注意点

サイズにより配送費が大きく異なる場合がありますが製作可能寸法はシリーズごとに下記の通りとなります。

シリーズ 対応間口 対応奥行 対応高さ
SHシリーズ 3850mm 1400mm(※5) 11~40mm
TYシリーズ 3400mm
2850mm
800mm
950mm(※6)
20~40mm

(※5) 前垂れ折り返し寸法による
(※6)奥行~800mmまで・・・間口3400mmまで奥行~950mmまで・・・間口2850mmまで

水返しの注意点

水返しを作る方法はベンダーによる折り曲げ加工とプレスによるリブ加工があります。シリーズにより対応可否があります。

シリーズ 前面のみ 全周 その他
SHシリーズ ○シンクまわりリブ
TYシリーズ × ×

納期について

シリーズ 標準納期(営業日) 注文内諾後の図面発行
SHシリーズ 約1~2週間 1~3日営業日
TYシリーズ 約3週間~ 2~4日営業日

SHシリーズはステンレスコイルを工場在庫しているために納期が早く、製造コストも安くなっております。
また、各シリーズの工場はシステムキッチンメーカーの量産OEM工場でありますが、E:キッチンの個別製作に対応できる技術力を持つ国内有数のステンレス加工工場です。
標準納期は製作図発行後ご承認及び着金確認後の納期となります。工場稼働状況により変動いたしますので予めご了承の程お願いいたします。

※ご注文の際は納品希望日のご連絡をお願いします。納品予定日のご連絡後「4営業日」を過ぎた場合、納品日の変更はできませんので予めご了承のほどお願いいたします。

ステンレスワークトップ「セミオーダー対応」シンクシリーズ

ステンレスワークトップのセミオーダー対応シンクシリーズです。製作納期はSHシリーズが約2週間~TYシリーズが約3週間~です。コスパ的にもオススメはSHシリーズです。コーナーRの小さい手板金シンク等一部セミオーダー非対応シンクがあります。

主な仕様仕上と材質コーナー接合についてカウンターの厚さ(H)
材質と製作寸法

材質 SUS304系ステンレス 板厚 天板:0.7~1.2mm
シンク:0.6~1.0mm
間口 3850mm
(4,000mmまで対応可)
奥行 標準寸法は600と650mm
1000mm(最大1400mm※カウンターのみの場合)対応可

※エンボス仕上げの場合、素材の板幅が700~760mmのためカウンター奥行は650mmまでの対応となります。

仕上と板厚

仕上 板厚(mm)
ヘアーライン(HL) t=1.0 t=1.2
バイブレーション(VA) t=1.0 t=1.2
エンボス(市松) t=0.8
エンボス(銀河) t=0.7

ヘアーラインはコイル(ロール)で工場在庫していますがバイブレーションは板材一部サイズのみ在庫です。広幅ワイドサイズは都度材料手配となります。メーカー納期約1週間+製作2週間で約3週間~となりますのでご注意ください。

コーナー接合について
L型現場接合の場合は90°接合となります。接合部木口部はステンレス立下げとなります。カウンター同士の接合はビス止め加工も可能ですが奥行寸法が異なる場合はビス穴加工ができない場合もございますので裏打ち合板に桟木やアングルピースなど現場調達の上、接合固定してください。
【ご注意】分割の場合接合部の目地は、当然出ますので予めご了承願います。なお、木口部のシャーリング切断は強度や表面波打ち上、問題が出るため承っておりません。
SHシリーズの最少見付厚さは「11mm」!TYシリーズは「15mm」スリムモダンなワークトップデザインに人気です。見付け厚さはステンレス板厚1.0mmとした場合裏打ち合板の厚さは9mm・12mm・15mm・18mm・・・と3mmピッチ指定ですのでステンレス板材厚さに曲げ加工時の寸法増加分±2mm(下端まで折返しの場合)を加えて下さい。

ステンレスフルオーダーワークトップ

シンク形状が合わない、特殊寸法などセミオーダーで対応できない場合、フルオーダー製作を承ります。セミオーダーの約2倍以上と高額になりますので予めご了承ください。

ステンレスカウンター:フルオーダー

対応シンクシリーズ:
手板金製作シンクまたはSH・TYシリーズ以外の規格シンク
仕様・仕上:SUS304 ヘアーライン・バイブレーション T=1.0mm~
標準納期:工場受注状況により変動します。約3~5週間
概算価格:セミオーダーの約2~3倍(送料共割高になります)

ステンレスの仕上

「ヘアーライン」「バイブレーション」

ヘアーライン

バイブレーション

各部の納まり

シンク・カウンターシーム部 分割突付け部 前垂水返し部

シンク天板シーム部

ステンレスカウンターとシンクはシーム溶接の後、研磨仕上げされ一体成型されます。画像はカウンターがヘアーラインでシンクはBA(プレス加工仕上)なっています。継ぎ目などは入りません(たまにお問合せ頂くもので念のため^^)

カウンター突付け部

大型カウンターなどの場合、どうしても一体加工できない場合、ジョイント部が問題ですね。セミオーダーカウンターは折下げが必要で約2R+程度の突付けとなります。切り放しのご要望もありますが撓みなど浪打の可能性が高く残念ながらセミオーダーではお受けできません。カウンターの高さを変えるなどの設計もご検討ください。

前垂水返し部

シンプルな角型やアール型があります。天端がフラットや3mm水返しリブ加工をする事もできます。

前垂:角型

前垂水返し部:角型

前垂:1/4R型

前垂水返し部:1/4R

前垂:1/2R型

前垂水返し部:1/2R

45°溶接仕上部

ヘアーラインの場合の45°ジョイント部分の仕上げ状態です。

 セミオーダーステンレスカウンターはお使いいただくシンク品番やカウンターの厚さ(H)寸法などで加工寸法に制限が出る場合があります。設計製作ガイドラインをご覧の上カウンターデザインの参考してください。

セミオーダーでも様々なデザインに対応できる様、工場共ども研鑽してまいります。カウンターやバックガード高さなどガイドライン外の場合ご要望をお聞かせください。