人工大理石カラーシンク:ハイパーシンク

ハイパーシンクで機能とデザインの両方を手に入れたキッチンカウンターを実現。 気持ちのよい使い心地と機能性の高さを追及し、高機能素材「クリスタルサーフェース」 でインテリアになじむモダンなスクエアシンクを作りました。

【ご注意】掲載画像のカームオレンジ・カームイエローは廃盤となりました。

ハイパーシンクは全6色

ヴァニラアイス・コーンシルク・ユーカリ・レモネード・チェリーピーチ・(カームホワイト)がお選びいただけます。(表示画像の色味はご利用の環境で現物と異なる場合があります)

ハイパーシンクの特徴

特徴オーバー&アンダーアクセサリー物性表汚染テスト

ハイパーシンクの特徴

キッチンシンクとしての基本性能とカラーシンクのデザイン性を高いコストパフォーマンスで実現した「ハイパーシンク」は新しいキッチンづくりを楽しくしてくれます。


「耐熱性」
耐熱性に優れ、うっかり沸騰したお湯や熱いお鍋を置いてしまっても変色・変形しにくい素材です。※熱い油の入った鍋等は非常に高温になるため長時間放置しないで下さい。※直接高温の油等をシンク内に捨てないで下さい。

「耐衝撃性」
耐衝撃性に優れ、うっかり堅いものを落としても割れにくい安心のシンクです。※500gの撃芯を50cmの高さから自然落下させても表面に変化がありません。(メーカー実験結果)
ハイパーシンク耐摩耗性
「耐摩耗性」
傷が付きにくい!硬度8Hを誇る素材「クリスタルサーフェース」を使用したハイパーシンクは、キズが付きにくく、いつまでも美しい外観を保持できます。
ハイパーシンクのお手入れ
「楽なお手入れ」
日常の汚れならさっと水部記するだけで簡単に除去できます。しつこい油汚れも中性洗剤でほとんどが除去可能。いつまでも清潔感が保てます。
ハイパーシンクの排水性
「排水性」
独自のスリット構造により、排水能力の大幅な向上を実現。また従来にない泡切れのよさで節水効果も。

オーバーでもアンダーでもOK

オーバーシンクとしてもアンダーシンクとしてもお使いいただけるハイパーシンク。タイルやメラミンポストフォーム、木製カウンターにはオーバーしんくとして、アンダーシンクではシームレスマウントできるのも魅力です。

ハイパーシンクオーバーマウント
「オーバーシンクとして」
カウンターの素材を選ばず取り付け可能。天然石や木質系のカウンターにも取り付けられる自由度の高さが自慢です。
ハイパーシンクアンダーマウント
「アンダーシンクとして」
接合部分は継ぎ目の目立たないシームレス接合。継ぎ目に汚れがたまらず、掃除がしやすいのが特徴です。またなめらかな表面はデザイン性にも優れ、カウンタートップとの美しい一体感が生まれます。
人工大理石シンクはステンレスシンクよりも重量があります。人工大理石カウンターへの取付に不慣れな工場も見受けられます。安心と実績のEキッチン指定工場へのご依頼をオススメいたします。

アクセサリー

カッティングボード・水切りプレートは、左右どちらにでもセッティングできます。用途に合わせてチョイスすれば作業スペースが広がり、とても便利。

ハイパーシンクまな板
カッティングボード
SKA800-CBS
W240×D515mm
ハイパーシンク水切りプレート
水切りプレート
SKA800-DP
W240×D515mm
ハイパーシンク洗剤カゴ
ボトルラック
SKA800-BR
W234×D80×H70mm
シンク内部にスポンジを置くスペースを確保。計算された角度で水切れもよく、お掃除も簡単。清潔感を保ちます。また、スポンジ置きの右側に段差を設け、フリースペースを設置しました。(付属品)
ハイパーシンク排水口
排水カバー
排水部分にシンクと同素材のカバーをご用意しました。底面がフラットになりスクエアシンクとの一体感で見た目もすっきり。作業スペースも広がり使いやすさも抜群です。

物性表

試験項目 試験方法 試験結果 試験結果
6H 8H
1.比重 JIS K 6911に準拠 1.74 1.72
2.曲げ強さ(MPa) // 49.90 64.39
3.曲げ弾性率(GPa) // 9.60 9.99
4.引張り強さ(MPa) // 30.10 34.73
5.シャルヒ゜一衝撃強さ(kJ/m2) // 6.50 16.80
6.圧縮強さ(MPa) // 129 174.37
7.ハ゛-コル硬度 //(934-1) 62 73
8.耐衝撃性 lkgのナス型錘を自然落下させたとき、表面が割れない最大の高さ(試験片サイス゛:200×200) 90cm 70cm
500g撃芯を50cmの高さから、自然落下させ、表面の変化の有無を確認する(試験片サイス゛:100×100) 変化なし
9.吸水率 23゜CX24時間 0.04% 0.04%
10.鉛筆硬度 JIS K 5400に準拠 6H 8H
11 .耐煮沸性 JIS K 6911に準拠 92゜Cの熱水に浸潰し、―定時間経過後の変色を測定 24時間 変化なし 変化なし
48時間 変化なし 変化なし
12.耐熱試験 オイルパン試験 180゜CX20分 変化なし 変化なし
250゜CX20分 変化なし 変化なし
300゜CX20分 変化なし 変化なし
フライパン試験 350゜CX20分 変化なし 変化なし
13.耐シカ゛レット性 試料上にてタハ゛コを1本燃焼させた。変化の有無の判定はJIS K 6902による 変化なし 変化なし
14.耐光性試験 JIS K 6902による試験装置:スガ試験機㈱製STANDARD UV LONGLIFE FADE METER FAL-3 試験時間:300時間 変化なし 変化なし

(製品厚み:6mm) ※試験はすぺて裏面にハ‘ックアッフ゜材ありのデータとなります

汚染テスト

ハイパーシンクHS800【汚染テスト】

No. 汚染材料 6H 8H
1 紅茶 2 2
2 コーヒー 1 1
3 ソース 1 2
4 しょうゆ 1 2
5 カレー粉 2 2
6 トマトケチャップ 2 2
7 味噌 2 2
8 食酢 1 2
9 漂白剤(キッチンハイター)(*1) 2 2
10 サンポール(*2) 2 1
11 オキシドール 1 1
12 ヘアリキッド 2 3
13 マニキュアリムーパー 2 2
14 マニキュア 4 4
15 ロ紅 4 4
16 ヘアダイ 5 5
17 10%クエン酸水溶液 2 2
18 10%アンモニア水 2 1
19 インキ(黒) 2 3
20 酸性亜硫酸ナトリウム 2 1
21 5%水酸化ナトリウム 2 2
22 5%塩酸 2 1
23 ウイスキー 2 1
24 赤ワイン 2 1
25 油性マジック 4 4
26 水性マジック 2 2
合計 56 55

〈試験方法〉(メーカー社内法) JIS K 6902の2.6項に準ずる。 尚、材料の接触時間は24時間とする。(時計皿あり) 〈判定方法〉

1:清浄な布で完全に除去可能  2:水洗いで除去可能  3:中性洗剤で除去可能  4:ラッカーシンナーで除去可能  5:クレンザーで除去可能  6:強い変化、容易に除去不可 (*1)漂白剤(キッチンハイター) 主成分/次亜塩素酸ナトリウム、界面活性剤、水酸化ナトリウム  液性/アルカリ性 (*2)サンポール  主成分/9.5%塩酸、界面活性剤  液性/酸性

ハイパーシンクは全3タイプ

人工大理石カラーシンク「ハイパーシンク」は全3タイプ。HS800及びHS780はシンク単体でご購入できます。

HS800

「オススメ」最も人気の高いハイパーシンクHS800です。

HS780

HS780はカウンターの奥行600mmにセットできます。排水口フタはステンレス製と同色の樹脂製がございます。

ハイパーシンクHS810

HS810

単品でのご購入はできません。人工大理石BMCカウンターとのセット販売のみ承ります。

お知らせ

ハイパーシンクへのディスポーザー取付について

対応するディスポーザー用変換アダプター(呼び径180Φの排水口を115Φに変換する部品)がございませんので現在はディスポーザーをご使用いただけません。一部ディスポーザー取扱い会社にて対応可能な場合もあるかも知れませんのでご確認いただければと存じます。