BMC人工大理石トップ&ボウル

洗面器一体カウンター:KN

アクリル系人工大理石「ノーブルライトKN」を使用して独自製法で洗面ボウルを成型、同種の人工大理石ノーブルライトカウンターにシーム一体加工した洗面器一体カウンターです。
※設計価格(税別):間口W900mmの場合 人工大理石:ノーブルライトKN LCシリーズ 403K(指定色可) 洗面一体カウンター E:ReFORMショップへ BHS-101A カウンター寸法D=600mm ボウル深さ:»

人工大理石洗面器一体カウンターのできるまで

今回のモノづくりの現場からは洗面器一体カウンターの製造メーカー「トップライト工業」新潟、新発田(しばた)工場です。大手住設機器メーカーのOEM工場でもあるトップライト工業はクラレノーブルライトを使ってオリジナル洗面ボウルとカウンターを一体成型、製造するメーカーだ。 切断加工 テーブルソーにより切断加工される。洗面台ならではかホワイト系の板材がほとんどだ 木口他加工 この画像は数量が多い物件で湾曲した変わった形で加工されている。前垂れも丸型になっている。アクリル系ならではの形状だ。 洗面器取付 本当は洗面器の加工工程が見たいのだが社外秘で一切見ることはできないのが残念。板材を加熱し樹脂型で成形しているそうだ。 洗面カウンターとシームレスマウントされる。排水穴にクランプを通して固定、圧着している。 裏打ち桟木合板取付 桟木合板が貼られている、左下の小さな四角い部材は同じ人工大理石のピースでボウルを押えて補強している。»