キッチンワークトップ・ワンストップオーダー

オリジナルワークトップカウンター累計販売台数1200台突破・・・Eキッチンではステンレスや人工大理石、人造石(クオーツストーン)メラミンポストフォームやタイル、天然石など様々な素材をキッチンシンクと組合わせてオーダー製作を承ります。サイズやデザインなど多種多様なご要望にお応えいたします。

日本のキッチンづくりを変えるデザイナー様、家具木工工場様、ビルダー様のお役立ちをお届け致します。

ステンレス

 キッチンワークトップで最もよく使用されるステンレスカウンター。大型工場でのシームレス溶接機加工によるリーズナブルな「セミオーダー」タイプと、様々なデザインに対応できるNC加工機、アルゴン溶接、手板金による「フルオーダー」タイプがございます。
セミオーダータイプはSHシリーズ(またはTYシリーズ)シンクからお選びください。

人工大理石

 人気の人工大理石カウンターは素材や加工方法により各メーカーから豊富な色柄の製品が提供されています。板材を加工して様々なデザイン、形状にに対応できます。アクリル系は曲げ加工でカーブ形状も可能です。
またBMCはプレス成型でコストパーフォーマンスが高く、国内システムキッチンメーカーの標準的な仕様として採用されています。

人造石・クオーツストーン

 人造石は「クォーツストーン」「エンジニアドストーン」とも呼ばれ、天然鉱物クォーツ・水晶を多く含有し、従来の人工大理石のアクリルやポリエステル系樹脂と違いより天然石に近い質感を実現しながら、天然石よりも加工性を改善し軽量化した素材です。
価格は人工大理石よりも高くなりますが、世界的にも樹脂系人工大理石よりも優れた素材として注目されています。ぜひ、あなたのオリジナルキッチンにご採用を検討してみてはいかがでしょうか。

セラミック

大版スラブを可能にしたセラミックカウンターは従来の人工(人造)大理石を超える優れた物性を持つ素材として今後採用が増えていく事が予想されます。
カウンターの加工は石材の加工方法に近く留め加工なども可能です。薄型で軽量なため様々なデザインに対応できるでしょう。
加工工場がまだまだ少なく加工費のコストダウンが今後の課題でしょう。
取扱いブランド:デクトン・ラミナム・ネオリス・ガルザス

天然石・御影石

 本物の質感をご希望される方にはやはり天然石。Eキッチンでは御影石を主に様々な色柄のご希望にお応えいたします。Eキッチンの石材加工工場は主に岐阜県内の協力工場となります。キッチンシンクの開口加工などEキッチンならではのノウハウでご希望のワークトップを製作いたします。製品価格は人造石と変わらないか安い場合もありますが、搬入や設置工事でコストがかかる場合が多いのでご注意ください。また重量が重く、分割位置にも注意が必要です。

メラミンポストフォーム

 キッチンワークトップは表面強度はもちろんの事、経年変化の少ない素材が望まれます。メラミン樹脂は強い表面強度、耐汚染性など優れた特徴を持つと共に適度なクッション性があり、人工大理石の使用感よりも優れているワークトップ素材です。ただし、注意しなければいけないのはジョイント部分のシール(コーキング)のメンテナンスが悪いと水が入り込み膨れや汚れが付き易くなりますので適切なメンテナンスを心掛けてください。

タイルカウンター

タイル・木質系

クラフトメイドキッチンのカウンターにはタイルや木質系の素材も好まれています。経年変化を楽しむ余裕の有るライフスタイルを過ごす住まいやナチュラルテイストの住まいには温かみのあるカウンターが実現できます。シンクはオーバーシンクが一般的に使用されます。アンダーシンクの場合はシンクまわりの防水処理が難しくなります。

人工大理石・クオーツストーン取扱いブランド